美肌に必要な保湿

きれいな肌を美肌と言っていますが、しっとりとして張りがありまたシミやしわのない肌を指すようです。この美肌を保つには保湿に気を使わなければいけません。

保湿は私たちの肌の中にある水分を保つ機能ですが、若い間には肌が健康でいられるような十分な水分を保つことが出来ますが、30代を境に徐々にこの保湿機能が低下し始め、その回復は難しいようです。
肌の中の水分である保湿が肌を乾燥から守り、紫外線などの外部からの攻撃を妨げるために、保湿機能が低下することで、肌のかさつきやシミやしわの原因を作り出すと言われています。

このような理由から多くの化粧水や乳液などの基礎化粧品には、たくさんの保湿に良いとされるさまざまな成分が使われています。

肌に水分を保つ保湿

加齢と共に起こりやすくる乾燥肌は、若いときのように私たちの肌の中の水分の維持が出来なくなる事で起きるケースが多いようです。

肌の中に水分を保つ働きを保湿と言い、たくさんの乳液や化粧水などの基礎化粧品と呼ばれる物に、この保湿の機能を高める効果があるものや、保湿を促す物がたくさん含まれています。

私たちの肌には30%の水分が含まれている状態が、健康な肌を保つラインだと言われています。加齢とともに始まる老化現象の一つにこの保湿力の低下があり、シミやそばかすまたしわの原因になると言われています。

このような原因から30代を過ぎると意識して保湿を保つ様に気をつけた方が良い様で、化粧品だけではなくサプリメントなどでも予防を行う事が大切です。

無添加化粧品・BBクリームのグローバルビューティーコスメティクス

肌に保湿が必要なわけ

植物に水分を与えないと乾燥してしわしわになってきます。私たちの肌も同じで肌の中の水分が少なくなると、乾燥肌となりかさつきや紫外線などを防ぐことが出来ず、シミやそばかすの原因になります。

肌の中の水分を維持する事を保湿と言い、肌が湿っている状態を保つものですが、たくさんの基礎化粧品と呼ばれるものにはこの保湿の機能を高める、促す成分が含まれています。

私たち女性の肌は30代を境にこの保湿の機能が低下し始めます。これは老化現象の一つとも考えられており、肌を健康な状態に保つためには肌の水分を保つように水分だけではなく、油分を含めた保湿の機能を高める必要があるからです。

50代、60代になってもしっとりとした肌を保っている人はたくさんいます。しかしみなさん保湿には気をつけている様です。